ケータイ乞食祭りの記録

「L-04Cが0円らしい」という乞食速報が耳に入ったのが8/19。当初L-04Cが何なのかも、何がどうお得なのかも分からず飛び込んだ乞食祭り。今月で収束という話もあるし、自分用に一回まとめておく。

話 の起こりは、ドコモの型落ちスマホが、機種変で0円で売られ始めたこと。通常、機種変は、MNP、新規に比べて一番条件が悪く、かなり値段が高いものなの だが。それと、新規契約などでは事務手数料が発生するが、機種変ではそれがない。つまり、ドコモの回線を持っている人であれば、持ち出しが何も無く、スマ ホを手に入れることができた(ただし、現在の機種に月賦や、月々の割引があるとそれは消えてしまう)。しかも、スマホからスマホへの機種変も可能で、当初 は同型への機種変も、同日中の機種変も可能だった(どのみち今回投げ売られたものは月々のサポートが付いていない)。しかも、この投げ売りの主要機種であ るL-04Cは、1万以上で買い取られるほどの代物だった。ついでに言うと、Evernoteとのキャンペーンで、1台にEvernoteプレミアム使用権1年分(US$45に当たる)も付いてくる。というわけで、これに気づいた人たちが、あちこちの店舗を回って、機種変をしまくり、売り払って利益を得た というわけ。

この話がtwitterから伝わってきたとき、ドコモの回線は持っていなかったし、ドコモの料金制度その他についても何も知らなかっ た。が、話の雰囲気から、手に入れておいたほうがいいと感じた。ちょうどこの時、auのEVO WiMAXを契約しにテルル新橋に行っていたので、L-04Cについて聞くと、明日入荷だという。よく分からないまま、新規契約することにした。もちろん 0円、他の条件もなしである。この時点では、新規契約では事務手数料が発生するし、これから2年縛り契約も発生するので、あまり得ではなかったのだが、それすら理解してい なかった。店員に「これですよね?」とモックを見せられても、「え?ああ、はい、はい」とかいう怪しい客だった。

次の日には、この機種変祭りがだ んだんと知られ始め、客がショップに押し寄せるのと同時に、ドスパラやじゃんぱらの買い取り価格が急落していった。最初1万5千円近かった買い取り額は、次の日には1万を切った。L-04Cだけでなく、同時期に型落ちとなったExperiaやレグザフォンも、0円だったり数千円などで、目端の利く人々にど んどんさらわれていった。さらに、型落ちとは関係ないギャラタブやF-12Cもセールになっていたらしい。ここらへんは欲しかったなあ。
自分はと いうと、1つ契約したことで料金プランが分かり、やっとこの祭りの仕組みが見えてきたところだった。新規契約は失敗だったなーと思いながらたまたま立ち 寄った錦糸町ヨドバシで、L-04C機種変1円に出会い、即機種変。実際には、書かれていない条件のせいで払った金額は1501円になってしまったが、こ の時点ではまだ、L-04Cを使ってもいいかなーと思っていたので、予備機がその値段で手に入るなら悪くはなかった。Evernoteの分もあるし。

と ころで、L-04Cは、LG電子の製品で、スレによればそれほど悪い品物ではないらしい。が、ハードキーがあるため厚く、画面も小さいためか、一般受けは あまりよくない。買った機体を少し触ってみたが、あまり手になじまなかった。rootをとって試験用とか、(日本通信含む)ドコモSIM用の機体にする か、とも考えたが、それにはSIMロックフリーのDesireやアンロックしたDHDで間に合っている。結局、L-04Cは売ることにした。近くの中古 ゲームソフト屋に持って行ったら、まだ情報が伝わってなかったのか、1つ1万で買取りしてもらえた。

さて、機体は売り払っても、契約とSIMは 残っている。次の週の平日に近所のケータイやを冷やかしたら、やっぱりL-04C機種変0円をやっていたので、また機種変。目的はEvernoteアカウ ント。機種変0円といっても、コンテンツが条件で、結局1575円払うことになったが、それでもまだ安い。しかも、この時スマホ買取りキャンペーンをやっ ていたゲオに持ち込んだら、本体¥500+キャンペーンで+¥5000という、とんでもない値段で買い取ってもらえた。やってることがもう完全にケータイ 乞食である。

その週末には、「同型への機種変不可」「最低1か月の使用」等の条件が多くなり、品物自体もかなり減っていた。それでも、やっと情報 を得た人たちでショップは混んでいた。自分はといえば、別に書いたように、このL-04Cを契約した回線を、MNPして、EVOの予備を手に入れた。ドコ モとは2週間の短いつきあいだった。今回、新規事務手数料と解約手数料を払っても、持ち出しはないどころか、収支プラスである。しかもMNP条件で買い物 までできた。うまく波に乗ったと言える。

これだけ利益を得ておいて言うのもなんだが、こういう風に、大規模に穴を突かれるような売り方はどうな の?と思う。どう見たって、転売してくれと言わんばかりの料金設定だった。バランスシートから在庫を消したかったのだろうけど、投げ売り予測ができて、い よいよ新端末が売れなくなるのでは?そもそも、客の側に電話機に対する需要がそんなにないのだから、それに合わせた大きさの商売をすべきでは?料金プラン からは離れて、機体に見合った値段を払う、落ち着いた買い物がしたいよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。