先日FreeTで買った、SATA3ボードとWD20FAEXをやっと取り付け。放置期間長すぎ。初期不良対応のぎりっぎり。

Marvell 9128SATA3ボード、SATA3ポート2つにIDEポート1つがついて¥1980だった。メーカーの名前が付いているSATA3ポート2つのみの¥2980と比べると安い。XP対応とは書いてあったが、WHS無印に対応しているかは分からなかった。
ML115に取り付け。一番上のPCIeポートに刺せるかな?と思ったら、ここのハーフハイトのブラケットはモデム専用だった。なので、上から2番目のブラケット(PCIex8)に装着。
起動すると、ドライバ要求のダイアログがきたので、コピーしておいた付属CDの中身のフォルダを展開して、フォルダを選択…って一体どれだ?なんだかたくさんフォルダがあるんだけど…。仕方なく一度カードを外してチップを見たら、Marvell 9128と書いてある(字の大きさと色のせいで肉眼では見えず、デジカメ接写。それより、チップに付けられたチェックはなんなんだ?不良品?)。そこで、\PICe\Marvell91xxというフォルダの下(これでもいくつもある)を一つ一つ選んでいったら、\PCIe\Marvell91xx\1.0.0.1027-WHQL-\miniport\Floppy32に入ってるドライバがあたりだった。それが終わると、またSATAコントローラーのデバイスを要求され、今度は\PCIe\Marvell91xx\1.0.0.1030-CPU-\SCSI miniport driver\miniport\i386で行けた。

一度電源を切り、前から付いていたEARXをボードにつなぎかえる。それと、先日買ったFAEXも。立ち上げると、時にエラーもなく、FEAXもDE未編入のHDDとしてコンソールから見ることができた。よしよし。これでWHSのSATAポート不足は解消された。といってもあと1つしかラックに空きがないけど。
本当は、FEAXにシステムを入れたいが、その場合、起動時にボードを認識するんだろうか…?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。