WHSを新規セットアップ

WHSを新規にセットアップする。

システムは、もともとML115についてきた80GのHDDにする。いちおうサーバ用として売られていたML115についてきたHDDなんだから、性能はさておき、それなりに耐久性はあるだろうと見込んでいる。同じ理由で、S70SD/FLについてきた160GBのHDDも出番を待っている。
それと、システムが乗るHDDのうち、システムの20GBのパーティション以外はデータ領域になるのだが、他のHDDがいっぱいになるとそこにもデータが書き込まれるが、ここにデータがあると、システムドライブが壊れたときに、そこを引っこ抜いて修復セットアップで元通り、といかなくなると思われる。なので、そのダメージの小さい、容量の少ないHDDをシステムにしようと考えた。以前は、内部でのファイルコピーが、システムのHDDの空き次第だったので、最大容量のHDDにシステムをインストールするのが定石だったが、pp3から?そんなことはなくなった。

とりあえずのデータ用HDDとして、最近買ったWDのEARXの2TBと、以前にエラー吐いてバックアップ用に回ってたEADS2TBを装着。

3つのHDDとDVDドライブをつなげて、インストールDVDからインストールしようとしたら、選択するチャンスもなく2TBのHDDにインストールし始めたので、中断してやり直し。80GBのだけつけたら、当然だがWHSはそこにインストールされた。

インストールが終わって認証やアップデートしよう、と思ったが、ネットにつながらない。…そうだった、NICとかのドライバが要るんだった。hpのサイトからドライバを探し出すこともできず、あわてて付属のCDを探す。そういえば先日、使うことない、と思って、ML115のCD群を大量処分したところだった。タイミング悪い。それでもなんとか1枚残してたのを探し出してドライバインスコ。

アップデートかけてPower Pack 3とIE8含む128の更新をインストール。ついでに認証。

再起動のタイミングを利用して電源を切ってデータ用HDDを接続。コンソールからデータドライブとして追加。ユーザーアカウントと、REGZA録画用の共有フォルダを追加し、REGZA(Z9000)からLANハードディスクを設定しなおし、問題なくできた。前回ここで詰まってたので安心した。
ポイントは、WHS側で、スペースがない英字の名前のフォルダを用意すること(Recorded TVが使えれば…昔は別名をつけてなんとかした気がするのだが、その技術が思い出せない)と、そのフォルダにアクセス権があるアカウントを用意すること、REGZA側ではリモコンの赤や青ボタンでサーバーを検索したり、USBキーボードをつないでアカウント設定をきちんとすること。

試しにREGZAや録画マシンから録画したら、ちゃんと使えた。これで一安心。コンソールはaddonが全然なくてさみしいが、とりあえずは常用に問題ない。あとは自動ログオンの設定と、VNCサーバーをインストールして、モニタやキーボートを外して元の場所に戻した。

続いて、一晩かけて、最新のバックアップ(ただし、テレビの録画は含まれてない)を書き戻し。これで大部分のファイルは戻るはず。
あとは、以前WHSに接続されていたHDDを順次つないで、今の共有フォルダにないファイル(録画含む)を書き戻し、終わったものはもう一度WHSに接続すればいい。

なかなか大変だったが、いい経験ではあった。一番大きな教訓としては、常に空きのHDDは用意しておけ、みちみちにデータを詰めるな、というところか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。