Skydriveが遅くてしょうがない

Skydriveの昔からのユーザーだったおかげで、25GBのスペースが無料でもらえている。一方、Googleドライブには、他の人に見られてもいいか、積極的に公開したいisoやらzipを置いていたが、isoファイルなんて大きいから、5GBなんてあっという間だった。

そこで、Skydriveにそれらのファイルを移動しよう、と思ったら、webからのアップロードは1ファイル300MBまでだという。専用クライアントを使えば2GBまでいいよ、ともあるが、このクライアントがXPに未対応で入れられない。

ちょうど別件でVirtualPCにWin7を入れたところであるので、Skydriveクライアントを入れて、そこからアップすることにした。

先にGoogleクライアントを入れて、Googleドライブに上がっている大きいファイルを同期しておく。次に、Skydriveクライアントをインストールして、Skydriveからアップしたいファイルのフォルダだけを同期する設定にする。
そして、ローカルのGoogleドライブフォルダから、Skydriveフォルダにコピー。仮想HDDは30GBを用意してるから、全く余裕である。コピーも速い。
これで、放置しておけばSkydriveにisoファイルなんかがアップされる。

…と思っていたら、一晩かかっても、5GBのうち1.1GBしか進んでいなかった。ADSL回線を使ってるからにしても、ちょっと遅すぎるなあ…。
試しに、ADSLに比べたら上りが圧倒的に速いXi回線に変えてみたら、1時間で400MBくらいは上がったので、アップが遅いのはやっぱり単純に回線の問題だったようだ。

とりあえずこれで容量問題は解決できた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。