これWHSにぴったりじゃ

ML115G1でWHS V1を運用していて、総合的に良好と思っているが、一番困っているのは、SATAポートが少ないことだろう。
マザー上の4つではデータ用のHDDが実質3つなのでちょっと足りない。DEによる障害耐性もイマイチ。今はルネサスのSATA3ボードを取り付けてポートを2つ増やしてはいるが、OS入れ直しの時に、ボードのドライバを入れないといけなくて面倒だった(OSのインストーラーはボードを認識するので逆に厄介)。

今メイン機で使っているX79マザーには、SATAポートが全部で10個付いているし、ケースにも3.5”ベイが8つあるから、これを使えればいいね、と思うが、いくらなんでももったいなさ過ぎる。あと、ケースも大きすぎる(冷却には有利だが)。

小さいケースで、HDDがアホほど積める機体とかないかな、と思っていたら、すでにそういうコンセプトのMini-ITXケースが売り出されていた。5”ベイ1つに3.5”ベイ6つとか。さらに、Mini-ITXのボードでも、SATAポート7つを装備したマザーが出ていた。この2つの組合せ、ぴったりじゃない?

次にWHSが障害を起こす前に考えておこう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。