Evernoteの1ノートが100MBになっていた

いつの間にか、Evernoteの1ノート当たりの最大容量が、50MBから100MBに増えていた。

気づいたのは、自炊のpdfをアップしたとき。1冊まるまるiX500でスキャンして1ファイルにしたら、250MBになっていて、自動で送られるEvernoteクライアントに「100MBを超えています!」と怒られた。……ん?100MB?0MBでなく?

と調べたら、去年のうちに変更になっていたらしい。

これはすばらしい。以前、55MBあって放置されていたpdfの資料も放り込めたし、250MBのファイルも3分割で済んだし。ただ、見るときのことを考えると、1ファイルが大きいとダウンロードがしんどい。一方で、細かいファイルをまとめて1ノートにすると、検索でノートが引っかかっても、どのファイルに目的の情報があるのか分からないこともある。かといってノートを増やすと煩雑だし、ノート数にも限界があるみたいだし(そこまで使うかは分からないが)。いずれにしろ、アップの自由度が増えたのは良いことだ。

ところが、調子に乗ってアップしていたら、あっという間に月の上限の1GB近くになってしまった。250MBもあるようなファイルを挙げたのも原因だが、Evernoteの仕様では、100MBのノートにちょっとした修正を加えても、再アップ扱いになるらしい。例えば、100MBのpdfのついたノートを作成して、アップしたあとで、ノートブックを変更したり、タグを付けたり、pdfの中身を変更(横になってたページを直したり)したりすると、200MBアップしたことになる。pdf修正は仕方がないが、それ以外はなんとか二重に計算しないようにしてほしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。