Acer C720 Chromebookを買ってみた

先日、「日本でもChromebook発売!」という話で話題になったAcer C720。
結局はGoogleの誤記だっただけだが、興味を持って調べたら、なかなか面白そうなブツであった。

Chromebookは、Chrome OSを積んだノートパソコン(と言って良いのか?)で、ほぼブラウザしかないと言っていいが、その分値段が安い。発売されているアメリカでは結構シェアが増えてきているようだ。確かに、ノートパソコンですることって、今やブラウザさえあればだいたい足りるような気がする。
さらに、Acer C720はHaswell搭載なのに200ドル未満と、性能と値段の比は相当よさそう。

OSからして違うとか、いろいろ問題も出てくるかもしれないが、ちょうどX200sが不調になってきたことだし、買ってみるのもいいかもしれない。
液晶がしょぼいこと、国外品なのでコンセント形状に不安があることを考えると、microUSBで充電できるHPのChromebookのほうが魅力的だったが、向こうは値段が高くてせっかくのコスパが損なわれるし、たまたまTwitterでフォローしている人がC720を買っているのを見ていて安心感があったので、C720で行くことに。
もう見られなくなっているが、自分が購入を決めた時は、Amazon.com自体がC720を売っていて199ドル(この時のレートで20,970円)、かつ送料無料(1~2週間かかるが)のオファーがあった。

当然、日本には発送しない商品だったので、転送屋を使うしかない。転送屋には、前から使っているGoopingを使った。改めて調べたら結構評判は悪いが、料金、発送で今のところ自分に問題はない。手数料+運賃で5,907円。費用は合計、26,877円となった。
時間も、米国内配送で日、転送屋から日(大雪のせいで1、2日遅れたようだったが)、合計2週間もかからずに手にすることができた。
ちなみに今はAcerが249ドルで売っている代わりに、直接日本まで送ってくれるようだ(送料別)。

2014-02-16 12.09.11 とりあえず開封して充電を始めてわかったのは、コンセントがアメリカ式のアースピンのあるタイプだということ(延長コードを使えば大丈夫)と、充電時にアダプタから多少コイル泣きがあることだ。どちらも大したことではないが。
性能その他は使っていくうちにいろいろわかってくるだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。